9.17 さようなら原発全国集会 開催される

~いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に~ 「さようなら原発」一千万署名 市民の会が主催する全国集会が9月17日に東京の代々木公園に全国から6千人が集まり開催されました。広島県原水禁も全国の原水禁の仲間とともに参加 …

被爆 73 周年原水爆禁止世界大会・広島大会開催

今年の大会開催は 7 月に襲った集中豪雨と災害復旧業務という中で、事前の大会関連 行動である「反核平和の火リレー」「非核平和行進」は予定していたコースの変更をせざるを得なくなりましたが、参加者の皆さんの熱意で炎 …

被爆73周年原水禁禁止世界大会・広島大会実行委員会結成

この日、6月17日の午後から自治労会館において、「被爆73周年原水爆禁止世界大会・広島大会」の成功にむけて、現地実行委員会の結成総会が行われ、81人が参加しました。 金子哲夫代表委員の司会で始まり、最初に広島県選出の「第 …

「平和といのちと人権を!」5・3ヒロシマ憲法集会

「平和といのちと人権を!」をメインテーマに2018年5・3ヒロシマ憲法集会開催される 5月3日の憲法記念日、広島市中区・ハノーバー庭園において「平和といのちと人権を!5・3ヒロシマ憲法集会」が1,800人の結集で開催され …

4・26 チェルノブイリデーの座り込み

広島県原水禁は4月26日、広島平和公園・原爆慰霊碑前において、チェルノブイリ原発事故の翌年から毎年続けて今年32回目となる「4・26 チェルノブイリデー」の座り込みを、市民82人が参加して行いました。 座り込みの …

「被爆二世集団訴訟の意義と課題」- 第5回原水禁学校 –

2017年度原水禁学校の最終回となる「第5回原水禁学校」が、2月9日自治労会館で開催されました。 今回は、「被爆二世国賠訴訟弁護団」の足立修一弁護士に「被爆二世集団訴訟の意義と課題」をテーマに講演していただきました。足立 …

今年も「1・27ネバダ・デー」座り込みを行う

広島県原水禁は1984年以来毎年この日に実施している「1・27ネバダ・デーの座り込み」を、今年も厳しい寒さのなか午後0時15分から30分間、61名が参加し実施しました。座り込み参加者は最後に別添のアピール文を採択し、安倍 …

「原水禁学校II」の開催など

11・25 県原水禁 11 月常任理事会 及び 「原水禁学校II」開催 – 第2回講座『広島の被爆遺構、被服支廠で「戦争の終わり」を学ぶ』– 当面する課題では、被爆者団体協議会(二つの被団協がありま すが協働 …