基本原則

  1. この運動はビキニ被災を契機に、「ヒロシマを再び繰り返すな・原水爆を禁止せよ」と立ち上がった人々によって生み出されたものであり、思想・信条・政党・宗派をこえて、誰もが参加できる、民主的で開かれた国民運動である。

  2. この運動は、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニの被爆体験を原点に、被爆(曝)の実相を世界にひろめ、核被害者の救援と援護を基礎として、ノーモア・ヒバクシャを目指す。

  3. この運動は、いかなる国のいかなる理由による核実験・核兵器の製造、実験・貯蔵、配備、拡散、使用にも反対する。

  4. この運動は世界の人々と連帯してすすめる。いかなる国、いかなる政府によるとを問わず、核と戦争をすすめる政策と行動に反対し、反核の政策と行動を積極的に支持する。

  5. この運動は、核の平和利用が核の軍事利用と一体のものであり、新たな核被害をつくり出していることに注目し”核と人類は共存できない”との核告発をつづける。